今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

ウソ!絶滅宣言されたニホンカワウソの生存の可能性あり

その他動物

ウソ!絶滅宣言されたニホンカワウソの生存の可能性あり
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

★絶滅宣言されたニホンカワウソの生存可能性説が話題に

いくつか目撃情報があるとのこと

二ホンカワウソは、元々は日本広範に渡り生息していた日本独自のカワウソです。
二ホンカワウソは多数生息してたのですが、毛皮のため捕獲され数が激減。

捕獲が禁止されたものの、戦後、開発や河川の工事が進み、生息数の減少が止まらず、1965年に天然記念物に指定されたニホンカワウソ。
その後、1975年に捕獲されたのが最後の捕獲となり、1979年の目撃を最後に40年近くも目撃されず、2012年にニホンカワウソの絶滅宣言がされてしまいました。


ところが、絶滅宣言以後、二ホンカワウソの目撃情報がいくつか寄せられました。
そこで、絶滅宣言がされた2012年に愛媛県の県議会で調査の開始を決定し、翌年調査が開始されたのです。

そして、名誉教授、愛媛県の動物園で開かれたシンポジウムの中で、二ホンカワウソの生存の可能性があると発言されました。
吉田教授曰く、2009年に高知県内で有力な目撃情報があり、二ホンカワウソの生存の可能性があると言われるのです。

絶滅種ニホンカワウソの目撃情報が激増

出典 http://goodboone.com

★本当にニホンカワウソは生存の可能性があるの?

ニホンカワウソ再調査を求める動き

ニホンカワウソのはく製

出典 http://livedoor.blogimg.jp

加えて、吉田教授は、二ホンカワウソの再調査を求める発言もされています。

2013年に愛媛県でニホンカワウソの調査がなされたのですが、その時に付いた予算が僅か20万円。
20万円では、さすがに不十分だろうと私も思います。

そして吉田教授は、哺乳類をはじめとする生物学のプロフェッサーです。
確かに、二ホンカワウソを他の動物と見間違える可能性はあります。
ですが、前述の2009年の目撃情報はニホンカワウソの生存の可能性を示しているという発言は、重みがあるように思えます。

以前にも、高知県で1992年から1999年まで、二ホンカワウソの生存調査がなされているのですが、調査対象は限られた地域のみ。
吉田教授は、もっと広範に渡り調査すべきと訴えました。


私も、二ホンカワウソがどこかで生存して欲しいと願っているのですが、生存の再調査はどうなのでしょうか?
絶滅宣言をしたのに再調査は今さらめいていると考えるのが、行政の考え方でしょう。
再調査は難しいかなぁと考えています。

ニホンカワウソがどこかで生存しているという情報は、人間が行った愚かな行為に反省する一方で、ある意味ロマンを感じます。
ここは、そっとして、ある時、日本のどこかで、二ホンカワウソがひょっこり顔を出してくれるかもしれません。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸